×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

BLOG

CALENDAR

HOME»  CONCEPT

CONCEPT コンセプト

手打ちパスタの魅力

パスタの種類

パスタにはいろいろな形や名前がございます。

tagliolini
(タリオリーニ)
2~3mm幅の細めの麺
fettuccine
(フィットチーネ)
8mm幅の平打ち麺
pappardelle
(パッパルデッレ)
2cmくらいの幅広の麺
gnocchi di patate
(じゃがいものニョッキ)
じゃがいもを練り込んで作るショートパスタ
orecchiette
(オレキエッテ)
厚みのある貝殻のようなショートパスタ
(イタリア語で「耳」という意味)
ravioli
(ラビオリ)
薄くのばした生地で具を包む詰め物パスタ

上記のようなパスタがあり、ソースによって合うパスタもいろいろです。
パスティーナでは、これらのパスタを生地から作っています。

生地のこだわり

パスタ生地のこだわり

生地作りには、その日の天気・気温・湿度に合わせながら、粉に加える水の量を微妙に調整しています。納得のいくパスタを作るには、当然のことです。毎日状態が違う生地は、毎日手で打つことにより見た目はもちろんのこと、手で変化を感じとれるのは楽しいです。

そして自ら厳選した小麦粉・卵・塩を使い、毎日練り上げる麺はコシがあってもちもちです。独学で打ち続けて完成した手打ち生パスタ麺は、シンプルなだけにごまかしはききません。だからこそ、経験と勘を元に自分にとっての最上の味を生み出すことができました。
食品添加物・保存料は一切使用していない、自然な味わいをお楽しみください。

パスタ生地のこだわり
パスタ生地のこだわり
パスタ生地のこだわり

追及し続けた食感

追及し続けた食感

イタリアにももちろん手打ちパスタがあります。食感はシコシコしたり、プッツリしたりと、とてもリズミカルは軽い感じですが、小麦粉・卵の風味とソースがしっかり絡み合って一体感があります。
当店は「手で混ぜ、手でこね、足で踏む」をコンセプトに生地を作っております。日本人は(うどんのように)麺にコシを求めるのではと思い、自分の納得のいくもちもちとしたコシのある食感を追求しました。
乾燥パスタとは違った、手打ちパスタの何とも言えない食感はたまりません。
もっちり、弾力、歯ごたえのあるここでしか味わえないパスタを是非ご賞味くださいませ。

ソースにかけた想い

ソースにかけた想い

丹精込めて作った麺と絡むソースも重要です。
麺に相性のよい野菜や魚介、肉類の組み合わせを考え、ソースにいろいろな具の旨みをうつします。その旨みたっぷりのソースを麺が含むことにより、麺そのものの小麦の風味が引き立ちます。
材料のよいところすべてを引き出せるパスタこそ、当店が作りたいパスタなのです。

ソースに使う材料は、イタリア直輸入のホールトマト・パルメザンチーズ・モッツァレラチーズをはじめ、安全な豊橋産の野菜・自家栽培のハーブを使っていますので、安心してお召し上がりいただけます。

最後に残ったソースを、パンでぬぐいながら食べていただくお客様を見たときは、最高の幸せです。

CONTACT US

0532-66-1666

【Lunch】
11:00~15:00(L.O.14:30)
【Dinner】
18:00~21:30(L.O.20:30)
【Close】
日曜日